センター入試対策について

センター入試対策とは!?

センター試験は、毎年1月中旬に実施され、志願者数は50万人以上、そのうちの80%近くを現役生が占めます。設問は全てマークシート方式です。国公立大入試では、センター試験と個別学力検査(各大学が実施する試験)の合計点で合否が決まります。私立大ではセンター試験の得点だけで合否が決まるセンター利用入試を実施する大学が8割以上です。全受験生にとって重要なセンター試験に向けた対策講座を、英進ハイスクールでは充実させています。ぜひ体験してください。

国語のセンター対策

「センターレベル」という言葉がありますが、国語に関していえば、決して「基礎レベル」「標準レベル」を指す言葉ではありません。難問奇問を排し、平均点に設定されたセンター試験では、センター試験独特の解法を身につける必要があります。問われているのは、的確な読解と情報処理能力です。英進の授業では、文章読解と選択肢吟味の技術を、本番レベルの問題を用いて、質と量を両立した実践演習を通して基本から応用まで身につけていきます。

数学のセンター対策

文系・理系問わず最低でも7割は越えられるように指導していきます。しかし、これは難しいことではありません。基礎の繰り返しで、ほとんどの生徒は達成できます。大切なのは7割を超える点数をいかにして取るかです。時間短縮のテクニックを使い、設問の流れをヒントとして各単元の完答で、8割、9割、満点を目指します。

英語のセンター対策

センター英語は大問が6つあり、第1問と第2問が知識問題で配点は約58点、第3~第6問までが情報処理能力を伴う読解問題で配点は約142点です。知識問題は知識がないと:覚えていなければ時間をかけても解けませんが、読解問題では答えは本文中に書いてあるので、多少の時間はかけて丁寧に読み解く必要があります。英進ではまずは読解問題での得点能力を向上させること、これと同時に知識問題への対策も進めていくことで、最低でも7割、できれば8割、9割、それ以上の得点を目指せるように指導します。

化学基礎のセンター対策

センター試験で「化学基礎」選択する文系・理系の受験生、および化学が苦手な理系の受験生が上位科目の「化学」を学ぶ上での基本を身につけるためのクラスです。元素記号から始まる化学の知識をきっちりと押さえ、計算の3つの基本である「mol(物質量)、濃度、化学反応式」について、テクニックを交えて学びます。夏までに全分野の学習を終了し、秋以降は徹底的に演習を繰り返し、確実な得点力とスピードを身につけます。

化学のセンター対策

センター試験で「化学」を選択する受験生、および私大・2次対策として化学を基本から身につけたい受験生向けのクラスです。全単元を基礎から丁寧に学び、問題演習を軸に応用力、実践力を磨きます。無機・有機を中心とした暗記分野も基礎から理解することに重点を置き、記述試験にも繋がる力を身につけ、センター試験本番で高得点を目指します。

物理のセンター対策

物理は大きく分けて、力学、波動、熱力学、電磁気学の4つの分野を学びます。暗記すべき内容は他の科目と比べて少ないですが、基本の理解が出来ていないまま、ただ公式をまる暗記しただけではセンター試験で太刀打ちできません。まずは各分野における基本の考え方・本質を理解し、考え方を掴みましょう。その上でセンター試験特有の解法や考え方を、問題を通して伝えていきます。

日本史のセンター対策

センター日本史の範囲は、旧石器時代から近現代まで、とにかく広範囲です。江戸時代までは模擬試験での実戦経験を積んで知識が備わっている人が多いですが、近現代史は学校の授業の進度などによって対策が十分な人と不十分な人でかなり差が出てしまいます。そこで、英進では通史・文化史ともに近現代までの頻出事項をピンポイントで伝授します。センター試験で必要な知識を効率よく確実に身に着けたい人はぜひ英進の日本史を受講してみてください。