高校部教員紹介

講師名・担当教科

長澤 幸秀 (英語)

趣味

買い物

みなさんへのメッセージ

英語は、暗記すれば何とかなると思っていませんか?暗記は絶対必要です。
だけど、英語以外にも勉強する必要のある科目はありますよね。
せっかく勉強するのなら、効率よく理解していきたいですよね。
そんな授業を心掛けています。
英語で悩んでいる人は、英進ハイスクールに、気軽に足を運んでみてくださいね。

講師名・担当教科

白石 俊介 (英語・日本史)

趣味

音楽鑑賞 映画鑑賞

みなさんへのメッセージ

「一期一会」。
私は授業に臨むとき常にこの精神で授業に向かいます。
今日の生徒が、次回もいるとは限らないと思うから授業は毎回本気です。
文系科目はただの暗記科目だと思っている生徒はぜひ私の授業を受けてください。
ただの暗記に頼らない授業と受験で必要な知識をピンポイントで伝授します。

講師名・担当教科

市場 元樹 (数学・物理・化学)

趣味

公園巡り

みなさんへのメッセージ

勉強についての悩みは人それぞれです。簡単なミスが多い、公式が頭に入らない、考え方がわからない・・・
いろいろありますね。
授業では各分野の内容をていねいに教えていきます。
大切なことは、「(なんとなく)わかった(・・・かな?)」から「できた!」「完璧!」にしていくことです。
「完璧」になるために、全力でサポートしていきます。質問や悩み相談など、いつでも来てください。

講師名・担当教科

島崎 恵多 (数学・化学・物理)

趣味

スポーツ観戦、野球、グルメ

みなさんへのメッセージ

問題を解けるようになるためには、小手先のテクニックが必要というわけではありません。
大切なのは土台です。
基礎の基礎からしっかりと解説、演習することによって、問題を解く上での土台を形成します。
また、進路についての相談なども乗ります。
受験校の決め方、受験科目などお気軽に質問してください。

講師名・担当教科

出島 喜美朗 (英語)

趣味

屋外でドッグスポーツなどを楽しむこと

みなさんへのメッセージ

「大学に進学したい」という気持ちが少しでもある人は、まず「将来の夢」について考えてください。
漠然と「お金持ちになりたいなぁ」でも良いです。
次に、そのためには何をしてお金を手に入れるのか?を考えてみてください。
「医者になる」「弁護士になる」「俳優になる」なんでも良いです。
たとえば「俳優になる」だとしたら、どんな俳優を目指すのか?海外で活躍する俳優なのか?
それならば「英語」や「中国語」「韓国語」など外国語も身に着けなければなりませんし、日本の文化のことはもちろん、海外の政治・宗教や文化、歴史なども学ばなければなりません。
そういうことをいろいろ考えながら目標とする学部や大学を見つけていくんです。
こういう背景を持っている人は強いですよ。
日々の学習や受験勉強においても、学ぼうという姿勢が強く、ちょっとやそっとでは挫けません。
受験科目としての「英語」はもちろん、いろいろな学習相談・進路相談・親子の悩み相談にも耳を傾けています。
一緒に頑張りましょう!

講師名・担当教科

坂上 茂 (英語)

趣味

韓流時代劇ドラマ観賞

みなさんへのメッセージ

英語は地道な努力ができれば誰でもできる科目だと思います。
ところが単語や熟語を一人で覚えたり、厚い英文法を読み込んだりするのは、つらい作業です。
その難題を克服するコツをこっそり教えます。
英語が苦手な人は一度立ち寄ってみてください。

講師名・担当教科

田中 健士 (国語〈現代文・古典・小論文〉)

趣味

ハーモニカ・ラーメン屋巡り・珈琲焙煎始めました

みなさんへのメッセージ

国語で点数が伸びないと悩んでいる君!
国語は、「正しい読解」と、「正しい解法」を身に付けることで、確実に点数は上がります。
授業では丁寧な解説を行いますので、国語の最大の敵である「なんとなく」と「めんどくさい」を克服し、身に付けた「技術」を活かして国語の点取りマシーンになってください!
さぁ、英進で一緒に頑張っていきましょう!!

講師名・担当教科

池田 耕平 (現代文・古典・英語)

趣味

映画鑑賞 温泉 カフェで勉強

みなさんへのメッセージ

みなさんこんにちは!
英進ハイスクール国語、英語科講師の池田 耕平です。
突然ですが、みなさんは国語や英語といった言葉を扱う科目の勉強は好きですか?
ちなみに僕は大好きです!なぜかって?「分かる」からです!
書いてあることが分かるからです。
ただ、今こう語っている私も昔は国語や英語が大がつくほど苦手でした。
苦手だと「いやだ」と思う前に勉強に前向きになれず、勉強していても飽きてしまいますよね。
その気持ち分かります。
でも、苦手、いやだ、飽きてしまうというのにも必ず原因があります。
病気も失敗も原因が分からなければ対処もできません。
つまり、何もできませんよね。
だから、勉強しないという負のスパイラルに陥るわけです。
しかし、視点を少し変えてみると、「分からない」ところさえ、「分かって」しまえば、すぐに対処できます。
ただ厄介なのは、国語や英語は、その「苦手な部分」が見えにくいのです。
だからこそ早期解決が肝心!早く始めて早く得意にした人の勝ちです!

講師名・担当教科

石附 拓也 (現代文・古典・英語)

趣味

Mac 万年筆

みなさんへのメッセージ

大学受験の勉強は、学問の一端です。ということは、将来のために現在を犠牲にしてうちこむ苦行ではなくて、
それ自体楽しいものです。心理は諸君を自由にする(ヨハネ8:32)からです。言葉は世界に向けて開かれた窓
ですから、国語・英語を勉強すればするほど見えてくる光景は鮮明になってきます。理性と感性とを開放でき
るような、そういう教室を作りたいと僕は思っています。

講師名・担当教科

桑子 和幸 (数学)

趣味

ジョギング パズル

みなさんへのメッセージ

高校で学習する内容は難しく、豊富です。
それらをたった3年で学ぶのですから、易しくはありません。
“De omnibu dubitandum est.”(ラテン語 あらゆることを疑うべきである)
学習内容の理解には疑うこと、考えること、確かめることが求められます。
分からない、を分かる、に変えるには、内容を鵜呑みにするのではなく、
具体例を通して理解し、納得することが大切です。
苦労して体得したことはわすれず、一生の財産になります。
“To teach is to learn twice.”
理解し、納得する手助けをしていきます。
共に学び、共に教え、共に成長していきましょう!

講師名・担当教科

栗島 裕之 (英語)

趣味

子供と遊ぶ

みなさんへのメッセージ

現在、様々な文化に触れることが、とても容易になっていますね。
西洋と東洋と言ったように単純に二極化して語られることが多いですが、言語と文化との
相関関係はあるのでしょうか?皆さんはどう思いますか?受験英語を通して言語と文化や
思想とのつながりなどを感じてもらえれば教師みょうりにつきます。