教員Blog

できそうでできなかった問題

みなさんはじめまして。

英進ハイスクール太田校の木村です。

物理・化学を担当しています。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

高校総体、中間テストと忙しい日々が過ぎ

ようやく落ち着きを取り戻していることかと思います。

 

しかし一ヶ月も待たずに今度は期末テストがやってきます。

高校生は忙しいですね(^-^;

 

 

さて

そんな忙しい毎日ですが、少し記憶を巻き戻してみましょうか。

 

「できそうでできなかった問題」

 

中間テストのとき、こう感じた問題はありませんでしたか?

 

 

失敗したと感じている科目については色々な意味で深く心に残っていることでしょう。

そんな中で「できそうでできなかった問題」

これ、悔しさも一段と大きいですよね。

 

しかしそんな悔しさも

一日二日と時が過ぎていけば、徐々に記憶から消えていってしまいます。

 

ストレスを後に残さない

人間とは都合よくできた生き物です。

 

しかしこの「悔しさ」を感じることができた問題こそ

実力アップの大きなチャンスになります。

 

「あと一歩でできなかった問題」を

できるようにする。

これが進歩ですよね。

 

そして「あと一歩でできなかった問題」であれば

できるようになるまでの労力も小さい。

できなかった原因を明確にして

そのポイントをしっかり押さえればよいのです。

 

だからこそ

このタイミングを逃さない!

 

一息入れてしまう前に机に向かいましょう!

 

学校の課題も部活も忙しい

そんな状況ですべての科目を完璧に復習しろとは言いません。

 

限られた時間の中で効果的に復習する。

そのためにも「できそうでできなかった問題」

これと真摯に向き合ってみてください。

 

一つ上の視界が開けてくるはずですよ。

 

さあ

重い腰を上げて

一歩踏み出してみませんか?

 

 



教員Blog

トピックス

  • 講習会など
  • 教員Blog

ページトップへ