◆ プログラミング教育必修化とプログラミング的思考 ◆

2020年より小学校教育でプログラミング教育が必修化されます。

 「プログラミング」と聞いてしまうと、コンピュータに関する職業を目指す子どもだけに必要なスキルであったり、難しいプログラミング言語を駆使してプログラミングを組む技術が求められているように感じられるかもしれません。

 しかし、今回のプログラミング必修化の最大の目的はプログラミングそのもののスキルではなく、「プログラミング的思考」を育むこととされています。それでは、この、「プログラミング的思考」とは何なのでしょうか。

「プログラミング的思考」とは

文部科学省から出された「学習指導要領解説」には次のような説明があります。

子供たちが将来どのような職業に就くとしても時代を越えて普遍的に求められる「プログラミング的思考」(自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組合せが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組合せをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力)を育むため、小学校においては、児童がプログラミングを体験しながら、コンピュータに意図した処理を行わせるために必要な論理的思考力を身に付けるための学習活動を計画的に実施することとしている。

つまり、「論理的思考力」を身につけることで「プログラミング的思考」ができるようになり、将来も含め、さまざまな場面で必要となる「論理立てて、分かりやすく説明する」力や、「問題にぶつかった際、試行錯誤しながら最もよい解決策を見つける」力などを養うことができる、というものです。

◆ プログラミング的思考を養うビジュアルプログラミング ◆

前述の通り、大切なのは「プログラミングの技術そのもの」ではなく、あくまでも「プログラミング的思考」を育むことです。つまり、将来的にエンジニアになることを小学生の時点で決めていることでもない限り、システムエンジニアなどが使用するような難しいプログラミング言語そのものを覚える必要は、さほどありません。

そのため、英進のプログラミングコースでは、アメリカのマサチューセッツ工科大学(MIT)のメディアラボで開発された「Scratch」というビジュアルプログラミングソフトを使用します。

キーボードを使って入力するのではなく、下の写真のような命令ブロックを組み合わせることで、プログラムを組み上げます。プログラミングの基礎的概念を視覚的に学べるため、初めての方でも楽しくスタートできます。

小学生低学年のうちに身につけてほしいこと

◆ 英進のプログラミングコース(小4~小6対象 週1回) ◆

前述の「Scratch」を使用し、条件分岐やくり返し、変数や乱数の扱いなど、さまざまな概念を楽しみながら学習します。

※授業はタブレット端末を使用してすすめます。

【授業内容の例】

★オリジナル水族館を作ろう!(動作制御)  ※体験学習ではこちらのプログラミングに挑戦します。 

★オリジナルストーリ―を作ろう!(変数・乱数)

★倍数を見つけ出せ!(条件分岐)

★ただしい道を進もう!(画像処理) など。

◎それぞれのプログラムを組み上げたあとには、それらの機能を利用したオリジナルプログラム作りにも挑戦します!

 

まずは体験学習をおすすめします

はじめての学習はわからないことも多いと思います。

そのため、新たにプログラミング学習を検討されている方には、まずは体験学習をおすすめしています。

ビジュアルプログラミングの楽しさを、まずは実感してみてください!

◆体験学習の申し込みはこちらから◆

 お問い合わせフォームから体験を申し込む >>お問い合わせフォーム

 お電話にて体験を申し込む >>校舎一覧へ